風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
日本文化の攻と守

著者: 近畿大学日本文化研究所

本体価格: \3,800(税別)
サイズ: A5判上製 282頁
ISBN: 4-8331-0550-7
発行年月: 2011年3月刊

数量


 

■内容説明

日本文化に表出する外向と内向きのダイナミクス――。「歴史としての文化」「方法としての文化」「存在としての文化」の3つの視座から、日本文化の攻と守の複雑な様相を考察する。
 

■目次

T 歴史としての文化
1 佛教と神道とキリスト教の間 『幡随意上人諸国行化傳』の紹介と翻刻を兼ねて 根井 浄
2 丹波の種痘医・足立敬里の学統をさぐる 牛痘種痘法普及に関する一考察 古西義麿
3 趣味と蒐集の地勢学 大正一四年の《趣味国名所図絵》を読む 岸 文和
4 建築文化考 近代建築探訪 関西編 楠田一夫

U 方法としての文化
5 植民地帝国大学に立つ二人の哲学者
         京城帝国大学の安倍能成と台北帝国大学の務台理作 高坂史朗
6 権藤成卿における「社稷」論の序 関口千佳
7 方法としての「親母権制文化」概念 清 眞人
8 岡本太郎と縄文の世界 綱澤満昭

V 存在としての文化
9 保険思想と協同組合論 岡本利吉と賀川豊彦 堀田 泉
10 内田義彦の戦間期 『経済学の生誕』を理解するための準備 野沢敏治
11 無縁社会の基層 地縁再考(続) 吉原直樹
12 思考の住処 「ゼロ思考」を超えて 鈴木伸太郎

【調査ノート】
 嵯峨本『伊勢物語』(慶長十三年刊初版、近畿大学中央図書館蔵)の二格連彫活字について 森上 修

あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.