図書目録原稿募集リンク集会社案内
風媒社トップページ > 近刊&新刊案内 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
追伸
東海学シンポジウム
品切れ・絶版図書
 
お支払い方法と送料に関しまして

短歌ヴァーサス

唐九郎陶芸記念館
 
お問い合わせ
 
バナー広告
図書出版 風媒社
ご自由にお使い下さい
 
 
 
近刊&新刊案内

書籍(※新刊)の詳細は書影をクリックしてください。
 

  • なごやボランティア物語


    編者: なごやボランティア史編纂委員会

    本体価格: \1,500(税別)
    発行年月: 2020年5月刊

    「何とかしたい」が社会を変える。手をたずさえ、こころをつないで、わたしたちの社会の困難をのりこえようとする人たちの物語。

  • 白い自転車

    走りつづけたわたしの人生

    著者: 深見正子

    本体価格: \1,300(税別)
    発行年月: 2020年5月刊

    男女同権、男女平等をもとめ、地方公務員としてひたむきに走りつづけた女性の自叙伝。

  • 小木紀之著作選別巻

    小木紀之の人としごと―略歴・研究活動歴・社会貢献歴―

    著者: 小木紀之著作選集編集委員会

    本体価格: \3,000(税別)
    発行年月: 2020年5月刊

    「略年譜」「研究活動歴」「社会貢献活動歴」「写真・資料等でみる活動」ほか。序文=小木裕文(立命館大学教授)

  • 小木紀之著作選V

    消費者教育論

    著者: 小木紀之

    本体価格: \5,000(税別)
    発行年月: 2020年5月刊

    「消費者教育の根底を流れる思想」「企業における消費者教育」「消費者の権利実現のための消費者教育」などを収める。これからの消費者問題を考えるための基本図書。刊行によせて=東珠実(椙山女学園大学教授)

  • 小木紀之著作選U

    消費者政策・行政/国際

    著者: 小木紀之

    本体価格: \5,000(税別)
    発行年月: 2020年5月刊

    「消費者行政の歴史的経緯とその展開」「国際消費者運動の新しい展開」「アメリカの消費者教育」などを収める。刊行によせて=小木紀親(東京経済大学教授)

  • 小木紀之著作選T

    消費者問題・運動

    著者: 小木紀之

    本体価格: \5,000(税別)
    発行年月: 2020年5月刊

    人間が人間らしい生活を実現できる社会とは? 教育者として、研究者として「消費者市民社会」の確立のために思索を続けた著者の仕事を集成!「消費者意識の現状と問題点」「これからの消費者の地位と役割」など。刊行によせて=大藪千穂(岐阜大学教授)

  • ゲートウェイの地理学


    著者: 林上

    本体価格: \2,200(税別)
    発行年月: 2020年4月刊

    中世・近世日本で活動した主な港と江戸四宿の役割など、経済活動の拠点にとどまらず、政治的・社会的・文化的な交流という分野に広がるゲートウェイの概念から、都市の形成・発展におけるその役割と性格を探る。

  • 持続可能な暮らし×自然系ゲストハウス

    脱消費、スロー、ミニマル、ローカル

    著者: 松原小夜子

    本体価格: \2,500(税別)
    発行年月: 2020年4月刊

    「暮らすように泊まる」がもたらす暮らしのパラダイム転換! 自然系の暮らしをめぐる日欧の思想を見渡し、近年全国で増えている自然系ゲストハウスのさまざまな特質を分析、その今日的意義を問う。

  • 名古屋市歴史文化基本構想で読み解く
    再発見! なごやの歴史と文化


    著者: 伊藤厚史

    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2020年4月刊

    「知る」「伝える」「活かす」をキーワードに名古屋市がまとめた歴史文化基本構想をベースに市内の文化・歴史遺産を訪ね歩くガイドブック。台地の端や川の堤防、あるいは街中に残る迷路のような路地を探れば、思わぬところで古代や江戸・明治の痕跡に出会えるかも。

  • すべって、ころんで、さあタンゴ!


    著者: 芳賀倫子

    本体価格: \1,300(税別)
    発行年月: 2020年3月刊

    シナリオライターで日本自分史センター相談員でもある著者が、約30年にわたって書き綴ってきた作品から選りすぐって1冊にまとめたユーモアエッセイ集。「エネルギッシュだけど心地よい、そんな作品集だね」(天野鎮雄さん)。巻末にエッセイ執筆のコツを伝授する「やさしい文章の書き方」を収録。

  • 洞学

    洞と自然と人との関わり

    著者: 村上哲生南基泰

    本体価格: \800(税別)
    発行年月: 2020年3月刊

    「洞」とは、両側から谷が迫り平地が奥に籠もった地形を指す。その地が作り出す湿地は生き物を育み、ため池は人の暮らしを支えた。陸水学と生態学を専門とする二人の研究者が、洞の生物多様性の保全の必要性と問題点を説く。

  • 三河の菓子文化


    著者: 須川妙子

    本体価格: \2,000(税別)
    発行年月: 2020年3月刊

    日本の菓子文化史に、三河という地および三河の菓子商や職人はどうかかわってきたのか。風俗・風習のなかの菓子、明治期の菓子税全廃運動や菓子業近代化への貢献など、三河のユニークな菓子文化の一端を読み解く。

  • K・ペンデレツキの声楽作品における死と生のダイナミズム

    クラスター作法の意味論

    著者: 黄木千寿子

    本体価格: \2,200(税別)
    発行年月: 2020年2月刊

    〈生〉の不条理と、〈死〉の不可知性。ポーランドの作曲家、K・ペンデレツキの声楽作品を対象として、彼の作品に通底するアンビヴァレントな性格を技法面から考察し、その独自の音響世界に隠された意味をさぐる。

  • 追伸 第5号 2020.2


    著者: 追伸舎

    本体価格: \500(税別)
    発行年月: 2020年2月刊

  • アリーナ2020 特別号

    特集「新しい科学の考え方をもとめて―東アジア科学文化の未来」

    編者: 中部大学

    本体価格: \1,000(税別)
    発行年月: 2020年1月刊

  • 尾張・三河 明治の商店 絵解き散歩


    著者: 森靖雄

    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2020年1月刊

    写真師、ランプ製造、時計商、書籍商、蒸気船問屋、人力車製造、牛乳搾取所、薬舗、土管瓶製造所、葡萄酒醸造処……。明治20年頃の尾張・三河の商店を紹介した銅版画の絵図『尾陽商工便覧』『参陽商工便覧』を読み解き、文明開化をへて発展途上のこれら地方都市の姿を探る。

  • 『記・紀』から読み解く古代の天皇像


    著者: 野原敏雄

    本体価格: \2,000(税別)
    発行年月: 2020年1月刊

    天皇と日本人、その歴史の古層には何が隠されているか―。『日本書紀』編纂1300年、史実と伝説のはざまの真相に迫る。

  • 句集 ん


    著者: 佐藤継穂

    本体価格: \1,800(税別)
    発行年月: 2019年12月刊

    「ヴェルレーヌと同行二人落葉踏む」「春一番メドゥサのごと女来る」…句集のタイトルを『ん』としたのは、五十音の最後であり、置き土産に相応しいと考えてのことである。その時々の足跡。

  • 古地図で楽しむ神戸


    編著者: 大国正美

    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2019年12月刊

    歴史と伝説が何層にも積み重なってきた神戸のすがたを、さまざまな古地図や絵図の読み解きで明らかにする。文字情報だけではわからない街道や自然景観の変遷、港町の情景、近代文学者たちのまなざし……。あなたの知らなかった神戸がここにある。

  • アリーナ2019 Vol.22

    特集「リベラル・アーツ・アーカイヴス」

    編者: 中部大学

    本体価格: \2,000(税別)
    発行年月: 2019年11月刊

  • どうしたらいい? せぼねの圧迫骨折といわれたけど


    著者: 見松健太郎、編著: 辻村亨中川武夫藤原正治藤原佐登子辻村外科病院スタッフ一同

    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2019年11月刊

    高齢者の増加にともない、背骨の圧迫骨折が増えている。圧迫骨折はなぜ起きるのか? 骨折したらどうするの? 手術、リハビリは? そして、予防にはどうすればいい? そんな患者さんの疑問に答え、不安を解消します。

  • 陽子の微笑


    著者: 町井たかゆき

    本体価格: \1,350(税別)
    発行年月: 2019年11月刊

    きっと彼女には、荒野で風に吹かれ一人立つ自分の姿だけが見えているのではないか――。〈認知症〉にとりつかれた妻と過ごす日常、旅、介護、そして、別れのとき。哀切な共感が心をおしつつむ佳編。

  • がんになったら治る人に変わろう


    編者: NPO法人いずみの会

    本体価格: \1,400(税別)
    発行年月: 2019年11月刊

    がんは、誰かに「治してもらう」ではなく、自分自身が「治る人」になることで初めて克服できる。がん治療の常識にとらわれず、生き方を見直し、がんを克服した人たちの、真実の体験集。

  • あて字の素姓

    常用漢字表「付表」の辞典

    著者: 田島 優

    本体価格: \1,700(税別)
    発行年月: 2019年11月刊

    「時計」もあて字だって知っていましたか? 「明日(あす)」から「若人(わこうど)」まで――。常用漢字表の「付表」116語を取り上げ、一語一語の歴史や漢字表記との結びつきを明らかにする。

  • 岩田義道

    その愛と死の紀念塔

    著者: 平井利果

    本体価格: \1,300(税別)
    発行年月: 2019年11月刊

    白色テロルの犠牲となり、34歳で若き命を奪われた社会主義者・岩田義道。民主主義を信じ、言論の自由のために闘い抜いたその短くも激しく、愛に満たされた人生を描く評伝小説。

  • 追伸 第4号 2019.10


    著者: 追伸舎

    本体価格: \500(税別)
    発行年月: 2019年10月刊

  • 尾張藩所付代官人名辞典


    著者: 澤柳倫太郎

    本体価格: \2,000(税別)
    発行年月: 2019年10月刊

    天明元年から明治維新まで、100年間のべ285人の所付代官、そのひとりひとりの人生と業績を収録。

  • 記憶の囁聲


    著者: 石川文也

    本体価格: \1,400(税別)
    発行年月: 2019年10月刊

    「私」にとってかけがえのないあの人との真の意味での対話の痕跡を、できればその断片だけでも形として残しておきたいという、「私」の中に突如として湧き上がった抗しがたい欲求に駆り立てられ紡がれた「記憶たち」の物語。

  • 能・狂言における伝承のすがた


    著者: 東海能楽研究会

    本体価格: \2,500(税別)
    発行年月: 2019年10月刊

    愛知県東部、三河地方を中心に遠州・南信地域に焦点を当て、地域の民俗芸能を多面的な視座で読み解く。〈もうひとつの能楽地域史〉を描いた研究論集。巻末には三河地域周辺の芸能研究・学習便覧を付す。

  • 可児徳

    日本の体育・スポーツのはじまりに関わった教育者

    著者: 越智久美子

    本体価格: \2,200(税別)
    発行年月: 2019年9月刊

    体育・スポーツが、再び軍事の論理に踊らされ、心身そのものを国家に持っていかれないために、いま、可児徳に学ぶ。NHK大河ドラマ「いだてん」の登場人物・可児徳の生涯を明らかにする初の評伝。
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.
 
| 図書目録 | 原稿募集(企画・自費出版) | リンク集 | 会社案内 |
| 図書出版 風媒社 |