図書目録原稿募集リンク集会社案内
風媒社トップページ > 近刊&新刊案内 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
お支払い方法と送料に関しまして

短歌ヴァーサス
 
お問い合わせ
 
バナー広告
図書出版 風媒社
ご自由にお使い下さい
 
 
 
近刊&新刊案内

書籍(※新刊)の詳細は書影をクリックしてください。
 

  • 失語症・右半身不随・高次脳機能障害との闘い
    脳卒中の方の気持ちが、よく分かる本。

    著者: 吉村正夫

    本体価格: \1,800(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    突然の脳梗塞で右半身不随、失語症になった著者。障害と向き合い、闘う中で見えてきた新たな目標。それに向かって、時にしおれたり、悩んだりしながらも、たゆまず進む姿を記録した『手記 こっちに、おいで・・・』の続編。

  • 新版 手記 こっちに、おいで……

    著者: 吉村正夫

    本体価格: \1,238(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    「私が倒れたとき、ある医師が言ったそうだ。《もう、一生、寝たきりになるかも知れない……》」。46歳のとき脳卒中に倒れ、失語症・右半身不随・高次脳機能障害を患う著者が、回復の可能性を信じてリハビリに取り組んだ苦しさ・喜びこもごもの毎日。「この話は亀のような歩みの話です。決して兎のような歩みの話ではありません。」読むと元気になる明るい闘病記!

  • 古地図で楽しむ尾張

    編著者: 溝口常俊

    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2017年1月刊

    北の犬山城、南は知多半島の篠島まで、尾張地域に秘められた歴史エピソードを、絵図や地形図を読み解きながら立体的に浮かび上がらせる。名所旧跡案内とは一味違った地域再発見の楽しみ。シリーズ6点目。

  • アドリア海の風を追って
    ●余命二カ月の追想録

    著者: 大和田道雄

    本体価格: \1,200(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    思いもかけぬ余命宣告。しかし不思議と動揺しなかった。人生には出会いがある。その出会いの積み重ねが自分を支えてくれた――。恩師との出会いが意義ある人生の道を拓いてくれたという気象学者の追想録。

  • アリーナ2016 Vol.19
    特集「文化研究の汽水域」

    編者: 中部大学

    本体価格: \2,000(税別)
    発行年月: 2016年11月刊

  • ジャーニー・ウイズ・セミコンダクタ
    ●東芝、スタンフォード、そしてサムスン電子

    著者: 宮本順一

    本体価格: \800(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    東芝やサムスン電子など半導体技術の最先端で仕事をしてきた著者が、開発・研究の舞台裏を語る。海外の企業文化なども交えながら綴るユニークな回想記。

  • なごや子ども貧困白書

    編者: 特定非営利活動法人子ども&まちネット 監修: 藤田榮史

    本体価格: \1,500(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    さまざまな現場から見えてきた子どもたちの届かぬ悲鳴…、そして若者をとりまく生活環境の異変…。すでに私たちの身近になっている貧困問題を考える。

  • 三河に岩瀬文庫あり
    ●図書館の原点を考える

    編著者: 塩村耕

    本体価格: \850(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    明治末期に一人の肥料商が独力でつくった古典籍の私立図書館が、現在も市民の支えで西尾市岩瀬文庫として運営されている。この日本初の古書ミュージアムの歴史と蔵書を通して、日本のいまの図書館や本をめぐる環境、そして未来を考える。

  • 生きるためのことば
    ●いま読む新美南吉

    著者: 斎藤卓志

    本体価格: \2,000(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    「言葉を育て、言葉に育てられた人」新美南吉の日記や書簡を中心に遺された言葉を丹念に追うことで、南吉=「ごん狐」のイメージを取り払い、いまなお新しい童話作家の尽きせぬ魅力を描き出す。

  • 竹島水族館の本

    著者: 蒲郡市竹島水族館

    本体価格: \1,300(税別)
    発行年月: 2016年12月刊

    年間30万人が訪れる愛知県蒲郡市の小さな水族館のガイドブック。入館料500円という安さ、深海生物と直に触れ合えるタッチプール、専門知識がなしで楽しく読める手書きの生き物解説、迫力満点のアシカショーなど……常に楽しさにこだわる館の魅力を1冊に。

  • 新聞ちぎり絵だより

    著者: 田中虹邨

    本体価格: \1,000(税別)
    発行年月: 2016年10月刊

    つくって楽しい、送って楽しい、届いてうれしい! いま人気の「新聞ちぎり絵」で絵手紙を出そう。豊富な実例をカラーで紹介。初めてでも簡単にできる入門書。

  • SKIP終結宣言 私たちNPOを解散します

    編者: SKIP編集委員会

    本体価格: \1,000(税別)
    発行年月: 2016年11月刊

    モーニングコンサートから始まった託児付きイベント企画や、各種講演会、書籍の発行などの活動で輝く女性の生き方を社会に向けて発信してきたNPOの20年のあゆみ。社会的使命か、自分の問題解決なのかを問われた上野千鶴子講演会・座談会も収録。

  • 三州平野
    喜寿の呟き

    編者: 長屋昌宏

    本体価格: \1,500(税別)
    発行年月: 2016年10月刊

    小児外科医として、いそしんできた50年の思いと、心にのこる出来事あれこれを綴る珠玉のエッセイ

  • 『批評』復刻版
    大池文雄著作集付録

    著者: 大池文雄 編者: 小島亮

    本体価格: \1,500(税別)
    発行年月: 2016年10月刊

    1956年のハンガリー事件の衝撃を受け止めて誕生した批判的知性のさきがけ。大池文雄を主宰者とする雑誌『批評』を復刻。

  • ただ限りなく発見者
    大池文雄著作集

    著者: 大池文雄 編者: 小島亮

    本体価格: \4,500(税別)
    発行年月: 2016年10月刊

    戦後思潮に対峙しながら論壇から消え去った大池文雄の論考・回顧・資料を集大成。ハンガリー事件前後の日本共産党内論争文書から『批評』を経て『論争』に至る思索を新編集した。ハンガリー事件60周年記念出版。

  • なごや弁

    著者: 佐藤正明

    本体価格: \1,200(税別)
    発行年月: 2016年6月刊

    中日・東京新聞に“政治まんが”“生活ヒヤリ劇場”“まんが大学笑学部”を連載する著者がおくる抱腹絶倒の名古屋弁図鑑!!

  • 白夜
    余命二カ月・間質性肺炎との共生

    著者: 大和田道雄

    本体価格: \1,200(税別)
    発行年月: 2015年12月刊

    著者は「お天気博士」として著名な気象学者。近年患者数が増大する、根治が困難な難病「間質性肺炎」から生還し、現在も精力的に活躍を続ける。勇気に満ちた闘病記。

  • 遊民 第14号(2016年秋)

    著者: 遊民の会

    本体価格: \500(税別)
    発行年月: 2016年9月刊

  • ゆるやかな糖質制限食による2型糖尿病治療
    ガイドライン2016

    編著者: NPO法人日本ローカーボ食研究会 代表理事 灰本元

    本体価格: \700(税別)
    発行年月: 2016年9月刊

    開業医、勤務医、管理栄養士、薬剤師、生物学研究者などで構成されるNPOが、中立的な立場で糖質制限食による糖尿病治療の科学的根拠を検証。糖質制限食を効果的に導入するための独自のガイドラインを策定し、目指すべき糖尿病治療のあり方を提案する。

  • 個の社会の和様化
    宗教民俗学の視点から

    著者: 川上光代

    本体価格: \2,200(税別)
    発行年月: 2016年8月刊

    日本人の過去と現在の生活を、民俗調査に基づいて比較研究。分断され閉塞する“個の社会”からの脱却の糸口を、伝統的・宗教的な“集の社会”の価値観にさぐる。

  • 三好長慶、河内飯盛城より天下を制す

    著者: 天野忠幸高橋恵

    本体価格: \1,400(税別)
    発行年月: 2016年8月刊

    信長にさきがけた最初の天下人・三好長慶。しかし「瀘州のひと」長慶は苦悩する…。飯盛城のまち・大東市 市制施行60周年記念出版。

  • 古地図で楽しむ三河

    編著者: 松岡敬二

    本体価格: \1,600(税別)
    発行年月: 2015年4月刊

    地図から立ち上がる三河の原風景と、その変遷のドラマを追ってみよう。地域ごとの大地の記録や、古文書、古地図、古絵図に描かれている情報を読み取ることで、忘れがちであった過去から現在への時空の旅にいざなう。

  • 愛知洋画壇物語 PARTU

    著者: 中山真一

    本体価格: \1,500(税別)
    発行年月: 2016年6月刊

    色とりどりの個性が闊歩した愛知洋画壇の耀きをたどり、ゆかりの画家たちがのこした不朽の“遺産”をひもとく。

  • 尾張津島天王祭のすべて

    著者: 若山聡

    本体価格: \1,200(税別)
    発行年月: 2016年7月刊

    日本で最も華麗な夏祭りともいわれる尾張津島天王祭。500年以上の歴史をもち織田信長も愛したというこの祭りの魅力をとことん知る。ユネスコ世界無形文化遺産登録候補。

  • 土岐川・庄内川源流 森の健康診断
    恵那の森からの学び(中部大学ブックシリーズアクタ26)

    編者: 上野薫南基泰

    本体価格: \800(税別)
    発行年月: 2016年5月刊

    日本の森林の4割を占める人工林。それらはいまどういう状態なのか。岐阜と愛知に跨る河川流域を流域市民と学生が協同調査し、防災面だけでなく、人工林に何を期待し、どうかかわっていくのか、上流・下流を通した河川文化の見直しを企図した貴重な記録集。

  • むらのしばいごや 明治座さーん

    著者: 本間希代子

    本体価格: \1,200(税別)
    発行年月: 2016年5月刊

    岐阜県加子母村の明治座は、明治の昔から現在まで村人とともにたくましく生き続けてきた芝居小屋。主人公きっこちゃんとともに、先人の思いがたくさん詰まった小屋の歴史をたどって、明治から昭和、平成へと、時空の旅に出かけよう。次世代に手渡したい記憶。

  • 身の丈で生きるということ
    〈人間力〉の育み方

    著者: 中野靖彦

    本体価格: \1,300(税別)
    発行年月: 2016年5月刊

    40年にわたって教育心理学者として教員の養成に携わってきた著者が、日常のさまざまな断面を手がかりに、人が人と生きる意味を軽快な筆致でつづる。〈自分らしさ〉の呪縛にはまり込んでしまっている方へ、日常の心構えのために。

  • HEART of ART on EARTH

    著者: 松永賢

    本体価格: \1,800(税別)
    発行年月: 2016年5月刊

    独自の画境を拓く松永賢の作品世界を、書物というメディアに展開した大型画集。「少女と動物の瞳から放たれる光が、見る者を包み込む](発行:手の仕事社)

  • 追憶のほんやら洞

    編著者: 甲斐扶佐義

    本体価格: \1,800(税別)
    発行年月: 2016年4月刊

    ミニスカ、ノーブラ、長髪に髭もじゃ男が出入りし、愛とわいせつと原発を語り、唯一無二の文化空間を形成した京都・伝説の喫茶店「ほんやら洞」。2015年の焼失まで、それぞれの時代に店に通った68人による〈追想〉集。

  • 名古屋圏の都市地理学

    著者: 林上

    本体価格: \2,200(税別)
    発行年月: 2015年4月刊

    都市は、自然から人文にいたる複数の属性が相互に深く関連しあい、存在する。〈大都市〉名古屋圏の背景に広がる、歴史・経済・文化・人間……から、都市の全貌を読み解いた「都市地理学」の成果。
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.
 
| 図書目録 | 原稿募集(企画・自費出版) | リンク集 | 会社案内 |
| 図書出版 風媒社 |