風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
民衆の古代史
『日本霊異記』に見るもう一つの古代

著者: 吉田一彦

本体価格: \1,700(税別)
サイズ: 四六判上製 240頁
ISBN: 4-8331-0533-0
発行年月: 2006年4月刊

数量


 

■内容説明

古代の日本の民衆の生活実相はどのようなものであったのか。また、日本古代の社会体制を「律令国家」と捉えることは、果たして真実と言えるのか。最古の仏教説話集『日本霊異記』をひもときながら、律令からはみ出して生きる民衆の実像を探った好著。
 

■目次

一 『日本霊異記』の面白さ
 1 霊異の話
 2 妻帯の僧、景戒
 3 『日本霊異記』の史料的価値
 
二 魚を捕る人々
 1 紀伊の浜辺の漁業労働者
 2 漁民の租税
 3 漁民として生きる
 
三 「村」とは何か
 1 『日本霊異記』の「村」
 2 「村」と「里」のちがい
 3 自然村落に暮らす人々
 
四 金融、女性、市
 1 寺の金融活動
 2 女性の活躍
 3 商人と市
 
五 仏教の流行と私度の僧尼
 1 地域の仏教、民衆の仏教
 2 私度の僧尼は禁止されたのか
 
終章 「律令国家論」を越えて
 1 坂本パラダイム
 2 律令国家論を見直す
 
 参考文献一覧
 あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.