風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
宣教師が見た信長の戦国
フロイスの二通の手紙を読む

著者: 高木洋

本体価格: \1,600(税別)
サイズ: 四六判上製 218頁
ISBN: 4-8331-0549-1
発行年月: 2011年3月刊

数量


 

■内容説明

家臣たちは“猛牛を目の前にしたかのように”信長を恐れた――。信長がその人生で初めて会った西洋人ルイス・フロイス。彼の目に信長とその時代はどう映ったのか? 信長の岐阜城における「宮殿」の実態ほか最新の遺跡発掘調査も紹介する。
 

■目次

はじめに
[上の章]フロイスと信長
一  フロイスの日本上陸
横瀬浦入港/反発を招いた純忠の教化策
二  待望の都へ
平戸を出発/ヴィレラの活動
三  将軍殺害、そして宣教師の追放へ
松永久秀らのクーデター/都からの退去
四  都への復帰
困難をきわめた教会の維持/信長の登場
五  信長に謁見
再び、都へ/信長の第一印象
六  プレゼント攻勢
珍奇な品々/涙ぐましいやりくり
七  日乗との闘争
「悪魔の道具」/岐阜行きを決断
八  江濃国境を越える
美濃の平野
九  信長の「宮殿」
屋外での面会/「宮殿」の核心部/「宮殿」の三階/ヨーロッパと対照的な日本庭園
十  最初の発掘調査から
「宮殿」の位置/巨石列の発見/明らかになってきた全体像
十一 政治の舞台
公権力行使の場/「天下布武」の朱印状
十二 山上の城へ
“城を見ていけ”/「住む」「見せる」ための城
十三 二つの町
「バビロンの混雑」/「楽市」と官僚たちの町/不完全だった城下への集住
十四 ロレンソ
琵琶法師了西/常にフロイスと共に
十五 二度目の岐阜来訪
布教長に随行/カブラルの眼鏡
十六 安土にて
湖畔の城/信長の都市建設
十七 本能寺の変
信長の死は大きな痛手に/振れる信長評
十八 フロイスの死
秀吉の伴天連追放令/二十六聖人殉教事件
十九 記憶の彼方の宣教師
家康のキリスト教禁教令/変わりゆく宣教師像

[下の章]フロイス・二通の手紙
一  第一の手紙〜一五六九年六月一日

二  第二の手紙〜一五六九年七月十二日

コラム
フロイスの手紙と『日本史』
丸子船と湖上交通
発掘調査から信長居館を考える
近世を先駆けた城と町
大脇伝内
カブラル、オルガンチーノと巡察師

ルイス・フロイス関連年表

参考文献・論文

おわりに
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.