風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
追伸
品切れ・絶版図書
 
 
元来宗教家ハ戦争ニ反対スベキモノデアル
反戦僧侶・植木徹誠の不退不転

著者: 大東仁

本体価格: \1,400(税別)
サイズ: 四六判並製 178頁
ISBN: 4-8331-0577-4
発行年月: 2018年7月刊

数量


 

■内容説明

浄土真宗僧侶として、戦時下に反戦・反差別を説き、4年間投獄。いくどもの失敗と蹉跌を繰り返し、なお「平和」と「平等」を求めてやまなかった仏教者の生。俳優・植木等の父である。
 

■目次

はじめに

第一章 労働者から僧侶へ

徹之助、東京へ
よく学び、よく遊び、よく信じ
結婚と失業、そして検束
お寺の居候
部落差別との出会い
僧侶となる
夫婦喧嘩
僧侶としての勉強
入寺
常念寺の生活
徹誠という僧侶
警察の姿

第二章 平等と平和

転居
三宝寺説教所
小学校での差別
学校差別から地区差別の問題へ
ふたつの差別
「朝熊闘争」
差別問題の再燃
「暗闇に生まれて」
三重県の調査
最初の弾圧
三重全県の問題として
神宮林盗伐事件
差別に対する四郷村の姿勢
衆議院での質問
生活の中で
反差別と反戦
一年間の新田彦蔵日記
大谷派と徹誠
全国への訴え
選挙と反軍
社会大衆党支部の結成準備
六月三十日
苦悩する人々
同盟休校
それぞれの反応
事件の結果
高揚する運動と進展しない現実

第三章 日中全面戦争勃発

日中戦争と「戦争支持熱」
戦争勃発と運動の方向転換
北部の動揺
焦燥する徹誠
継続する方法、新規の方法
反戦意識の共有
徹誠の反戦言動その@ 「造言飛語」
徹誠の反戦言動そのA 戦闘分析
徹誠の反戦言動そのB 国内問題として
徹誠の反戦言動そのC 侵略
徹誠の反戦言動そのD 真宗僧侶として

第四章 弾圧と朝熊からの退去

全国的な弾圧
遠藤陽之助の逮捕
徹誠の逮捕
徹誠の「犯罪」
徹誠の子どもたち
兄弟の大失敗
いさほの苦闘
つながり
獄中の徹誠
判決
朝熊闘争の終焉
戦争と徹誠
徹誠と親鸞
戦後の平和活動
僧侶・植木徹誠


おわりに

(巻末史料)
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.