風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
子どもたちよ!(東海 風の道文庫1)
語りつぐ東海の戦争体験

著者: 中日新聞社会部

本体価格: \1,200(税別)
サイズ: 四六判変型並製 196頁
ISBN: 4-8331-0621-4
発行年月: 2007年5月刊

数量


 

■内容説明

「あの戦争の悲惨さを後世に伝えたい」――。敗戦60年を経て、なおぬぐいえぬ60人の戦争体験が新聞紙上に届けられた。兵士として、銃後の民として、母として子として、否応なく味わわねばならなかった苛酷な生と死の記憶。中日新聞話題の連載を単行本化。
 

■目次

まえがき

戦争体験を“バックミラー”に 早乙女勝元

T あの日、街は火の海になった 
……空襲……
焼夷弾 空も燃やした/あの日が僕の命日/弟妹は身を寄せあって死んでいた/模擬原爆の恐怖今も/茶色い米で空腹紛らす/爆音、火柱 恐怖の一夜/一トン爆弾に体が揺れた/遺体の父、財布奪われて/火の海 井戸で命をひろう
……ヒロシマ……
被爆者の声が頭から離れない/赤い炎が広島を覆った/被爆救護 異臭とウジの地獄絵図/原爆症の怖さ…今なお不安はつのる

U 命はこんなにも軽いのか
……動員された子どもたち……
私たちは戦争の“部品”にされた/軍に隠された大空襲の惨劇/大地震 兵器工場の壁の下敷きに/子どもが働き、死ぬ時代/B29の技術力に衝撃/朝鮮人三百人がすし詰めに/空腹と涙の地下壕
……「銃後」の暮らし……
食料奪い合いに明け暮れた疎開生活/腹が減ると薬も食べた/コメは数粒でも命の重湯/少ない米と着物と交換/心凍った「非国民!」/朝鮮人差別は学校でも/同胞差別にも疑問抱かずいた自分

V 父よ、友よ、男たちよ!
……〈軍隊〉とは?……
赤紙配達で見た真実/戦地から苦心の伝言/戻ってきた家族写真/入隊 理不尽な“洗礼”/教師出身者によってたかってリンチ/愚かだった勇ましさへのあこがれ
……〈戦場〉とは?……
特攻志願、本心は“生きたい”/将来ある身が次々特攻/「伏竜」訓練で多数が犠牲に/「殺し合い」はもういかん/砲弾の中を命の助け船が/大和の黒板に「死に方用意」の文字が/引率の九人、土踏めず/「大和」と沈んだ戦友/仲間の遺体を焼いた夜/次々息絶える負傷兵を前に……/最期の声「お母さん」
……抑留生活……
飢えと厳寒――生に執着した日々/極寒の重労働、死は隣にあった/満州で聞いた「広島壊滅」/飢餓地獄…無人島での抑留生活

W 敗 戦
……満州棄民……
強制された入植、そして死の逃避行/開拓団 家族ばらばらの運命/引き揚げ船から投げ落とされた遺体/逃げ場なく集団自決/毒ガス弾、井戸に投げ込み隠滅/「生きて帰る」――それだけが支えだった
……敗戦……
米軍ビラで敗戦を予感/近くの土手で“修学旅行”/二人の兄の死…心配が現実に
……引き揚げ……
闇船で命懸けの脱出/砲弾処理失敗、避難列車吹き飛ぶ/母に自決を促した一発の銃弾/暗号解読で「降伏」を知った/極刑恐れた戦犯裁判

X 終われない戦争
……終わらない戦争……
夫の最期を知りたくて五十年/母に“死ね”と言われて/終戦後もつづく長い苦しみ/捨てられた赤ちゃん/空襲孤児 働きづめの人生

……あの戦争を忘れないために……
不戦の教えを貫いた先生/隠れて食べた母のおにぎり

あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.