風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
脱・田中康夫宣言
変革知事よ、どこへ行く

著者: 樺島秀吉 著

本体価格: \1,500(税別)
サイズ: 四六判上製 264頁
ISBN: 4-8331-1060-1
発行年月: 2003年3月刊

数量


 

■内容説明

田中康夫は自らを改革できるのか――。大胆な発想を持ち込み、新しい知事像の代名詞となった田中知事。待ったなしの改革を迫られる長野県の現実を、彼はどこへ導こうとするのか。知事・田中康夫の2年3カ月を地域の視点からレポートし、その功罪を検証する。
 

■目次

はじめに

序 章 「民主主義再生」の実験結果
二年後の県議会本会議場/3つの「おや?」/
長期ビジョンはあるか/レトリックからトリックへ
虚像と実像/実験はプロのすること

第一章 空白の一年四カ月
「枠組み」だけの代替案/傍観していただけ
「脱ダム宣言」したのはだれか/流域の市町村長にも知らせず
政治責任の自覚はあるか/「脱ダム」は道半ば/「記憶にない」河川改修単独発言
国とはケンカせず/改革派知事批判し孤立

究極の首長 国と闘いダム中止を勝ちとった藤田恵・徳島県木頭村長

第二章 金魚鉢のなかのブラックボックス
談合問題が影を落とすダム論議/意見集約できなかった答申
理由なき結論/委員の意見書まで非公開に/ダムなしの結論ありき
浮かんで消えた「第三条」/特別顧問を「再利用」
二〇日で変わった判断/突然の凍結発表

第三章 翻弄される民意
居心地いいところだけの現場主義/議会が代表する民意の怪しさ
長野県議会は民意を反映しているか/対話路線の裏で対決姿勢
巧みだった選挙戦術/非妥協が美点/中央政界は無視
田中氏支持の中身/長野市にみる「田中離れ」現象
知事の姿勢で議会も変わる/民意づくりにメディア利用/メディア「統制」も

究極の首長 執拗なまでに行政を監視する後藤雄一「世田谷行革110番」代表

第四章 分権の視点なき意識改革
いらだち/「大勝」のツケ/なんのための協約
情実人事のおそれ/意識改革できない職員を追い出す
市町村派遣の目的は「丁稚奉公」/地方分権は念頭にない
不自然に軽い処分/抜てき人事と内部告発
「県民」を盾に判断を押しつけ/「あとはお任せ」の白紙委任か

第五章 「日本のスウェーデン」という賭け
七年後の長野県/目指すべきはスウェーデン
スウェーデンの実像/違いすぎる前提条件
長野県経済がもつか/高知県発の一・五車線的整備
森林整備で和歌山県が全国発信/職員給与を削って「長野モデル創造枠」確保
遅かった財政再建/自主課税の準備もナシ/雇用創出は「お駄賃」

終 章 功名心という私利私欲
広告塔の正体/突然の多選自粛条例/多選自粛条例の狙い
アイデアだけの脱ダム債/石原都知事との共通点/改革者は自分だけ
バランス感覚の悪さ/すべての結果責任を負う覚悟

〈巻末資料〉
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.