風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
四日市学
未来をひらく環境学へ

著者: 朴恵淑・上野達彦・山本真吾・妹尾允史 著

本体価格: \2,000(税別)
サイズ: 四六判並製 232頁
ISBN: 4-8331-1064-4
発行年月: 2005年7月刊

数量


 

■内容説明

持続可能な開発とは? 社会と環境のあり方はどうあるべきなのか…。四日市市公害の経験から環境学、法律学、文学、科学など、分野を超えた専門家が「未来形の課題」を学ぶ総合環境学を提唱する。「負の遺産」から学び、アジアへ、世界へ…。
 

■目次

序 章
四日市公害と「四日市学」 朴 恵淑

第1章 負の遺産から新しい環境学の地平へ 朴 恵淑
1 四日市公害問題とは何か
2 四日市公害から学ぶ「四日市学」
3 韓国・中国など東アジアとの国際環境協力

第2章 環境問題のなかの「罪と罰」――〈成熟した市民社会〉のために 上野達彦
1 公害と責任
2 判決文考
3 環境問題のなかの「罪と罰」

第3章 公害問題を〈ひとの心〉とつなげるために 山本真吾
1 〈なれていくこと〉の怖さ
2 文学は公害問題をどうとらえるか
3 当時者の肉声を伝えるということ
4 〈四日市公害〉と文学
5 総合学習の場への応用――環境文学として

第4章 文明と環境――人間と調和する科学技術のために 妹尾允史
1 文明と科学技術の進展
2 量子科学とは何か――見える世界と見えない世界
3 環境と調和する科学技術――感性の役割
4 持続可能な調和社会の実現に向けて


終 章 しなやかな環境学をめざして 朴 恵淑

水俣学からの伝言 原田正純

四日市公害史 略年表
あとがき

[コラム]「四日市学」をひらく
1 判決の日のこと――一九七二年七月二十四日 吉田克己
2 判決書浄書を担当して 嶋谷修一
3 一裁判官から見た四日市公害裁判 近田正晴
4 企業従業員からみた四日市公害 円城寺英夫
5 四日市の海は豊かな漁場だった 石原義剛
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.