風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
男らしさという病?
ポップ・カルチャーの新・男性学

著者: 熊田一雄

本体価格: \2,200(税別)
サイズ: 四六判上製 227頁
ISBN: 4-8331-1067-9
発行年月: 2005年9月刊

数量


 

■内容説明

いま、この日本で起きている「感情革命」とは?マンガをはじめとする現代日本の大衆文化のなかに、あるいは、内観サークル系宗教運動や宗教的なポップ・カルチャー、そして、大衆消費社会のなかのナルシシズムのなかに、もうひとつの男性性の可能性を見る。
 

■目次

はじめに――男らしさの病?

▼ノートT バックラッシュの現在
第1章……現代日本の大衆文化における「女性の男性性」――オルタナティヴな男性性のありか
1 「女は世界を救えるか」を再考する
2 ハルバーシュタムの「女性の男性性」論と大衆文化
3 「覇権的男性性」とは何か
4 近代「忠臣蔵」幻想と「意地の系譜」・「集団主義」
5 『美少女戦士セーラームーン』の可能性――「公/私」コードの攪乱・反全体主義
6 オルタナティヴな男性性の可能性

 ▼ノートU 新自由主義と『身近な愛』
第2章……ヤオイ女性と百合男性が出会うとき――親密性は変容するか
1 百合とは何か
2 ヤオイ愛好者女性の女性性をめぐる葛藤
3 百合愛好者男性の男性性をめぐる葛藤とは
4 「親密性の変容」は進行するか
5 『マリア様がみてる』

▼ノートV 北野武の映画とミニマルな親密性
第3章……内観サークル系宗教運動の研究――アダルトチルドレンと男性性
1 宗教と男性性
2 内観サークル系宗教運動の事例
3 「脱男性性」の信仰指導
4 中年期における指導者の回心体験
5 「男女混成」で活動することの重要性

▼ノートW 官僚制的消費資本主義と「心の習慣」
第4章……官僚制的消費資本主義と宗教倫理のセラピー化――オウム事件の深層
1 宗教教育の問題
2 日本の若者の「心の習慣」
3 調査の方法
4 超越的な理念・戒律
5 「生かされている」感覚
6 宗教倫理のセラピー化
7 ニヒリズム
8 宗教的なポップ・カルチャー

▼ノートX 大衆消費社会とナルシシズムそして神道文化
第5章……神道界の任侠の女性化願望――神道文化と男性性
1 大衆消費社会とナルシシズムの可能性
2 なぜいま、大本聖師のトランスジェンダー志向なのか
3 変性女子説とは
4 泣く贖罪者のスサノオ
5 女性賛美とナルシシズム
6 出口王仁三郎の現代的可能性
7 神道文化におけるトランスジェンダーの伝統

▼ノートY 巨人の星・あしたのジョー・妖怪人間ベム

とりあえずの結論――若い世代のために

参考文献
    
あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.