風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
今こそローカリズム
石田芳弘対談集

著者: 石田芳弘 構成:高野史枝

本体価格: \1,500(税別)
サイズ: 四六判並製 320頁
ISBN: 4-8331-1071-7
発行年月: 2006年8月刊

数量


 

■内容説明

〈まち〉は、汗と涙と感動の舞台。コミュニティ力がある地方には、現実に子どもと高齢者を支えていく「総合的な人間力」が備わっている。歴史のまち、教育のまち、そして市民が主役のまちづくりを提唱する地域復権の旗手が、トップリーダーと熱く語りあう!
 

■目次

まえがき

北川正恭 マニフェストで変える日本の未来
●評論家

木場弘子 女性の視点で見たジャーナリズムと教育
●テレビキャスター

童門冬二 歴史を取り入れたまちづくり
●作家

苅谷剛彦 教育は民主主義の根幹
●教育社会学者

森真 二人の信頼が結ぶ二つのまち
●各務原市長

大島伸一 医療と福祉にも哲学を
●国立長寿医療センター総長

鈴木克昌 変革は地方とともに
●国会議員

鈴木政二 日本の政治の今を語る
●国会議員

河合雅雄
●人類学者
河合隼雄 まちは生涯学習最良の教室
●心理学者

犬山――城下町が生き続けるまちづくり
石田芳弘・犬山市長インタビュー

あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.