風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
自衛隊イラク派兵差止訴訟〈全記録〉
●私は強いられたくない。加害者としての立場を

著者: 自衛隊イラク派兵差止訴訟の会

本体価格: \1,800(税別)
サイズ: A5判並製 238頁
ISBN: 4-8331-1085-3
発行年月: 2010年7月刊

数量


 

■目次

はじめに

なぜ私たちは裁判を起こしたか 〜時代的背景と私たちの想い

1 ブッシュ米大統領の「テロとの戦い」
2 イラク攻撃の前兆
3 世界・日本国内のイラク反戦運動の高揚
4 自衛隊派兵反対の取り組みへ
5 ブッシュの「主要戦闘終結宣言」後も泥沼化するイラク情勢

呼びかけから提訴へ (二〇〇三年一二月〜二〇〇四年二月)
1 集会での出会いから
2 準備始まる
3 仲間が集まる
4 準備会での熱い語り
5 緩やかな一致点
6 市民による「裁判運動」を目指す
7 「ですます」調の訴状づくり
8 市民が市民に呼びかける
9 一次原告は一二六二名に
10 熱い心情が続々と…
11 そして提訴

波瀾万丈の第一審 (二〇〇四年二月〜二〇〇六年四月)
1 名古屋地方裁判所での第一審
2 はじめの一年間 ─気賀澤裁判長の時期
3 裁判長交代 ─内田計一裁判長に
4 「裁判に非ず!」判決
5 五つの訴訟が同時進行
6 勇気づけられた第七次訴訟の「田近判決」(二〇〇七年三月)

控訴審へ 充実した審理行われる (二〇〇六年四月〜二〇〇八年四月)
1 控訴直後のイラク情勢と日本政府の動き
2 陳述書再提出を呼びかける
3 口頭弁論はじまる
4 私たちの「怒り」と「苦痛」を訴える
5 書証で権利侵害と精神的苦痛を訴える
6 イラクのナマの声を法廷に伝える
7 開示されない情報から見えてきたこと
8 憲法判断を求める
9 裁判所へ「上申書」を提出
10 二人の証人尋問が実現!
11 憲法判断に踏み込む姿勢を見せる裁判官
12 歴史に残る小林武証言
13 派兵実態を明らかにした山田朗証言
14 結審を受け入れる
15 裁判官への最後の要請
16 全国からの期待と励まし

そして迎えた二〇〇八年四月一七日 ──画期的な違憲判決を勝ち取る!
1 判決当日の法廷前
2 判決言い渡し 〜法廷の中と外
3 笑顔の報告集会
4 喜びの街頭宣伝と祝杯 〜裁判官の共感の言葉に感激
5 世界に発信された違憲判決
6 法曹界への影響

違憲判決の内容とその意義
1 事実の積み重ねが違憲判決に繋がる
2 政府の憲法解釈に立ってもなお違法・違憲
3 常態化した自衛隊の海外派兵を断ち切る“武器”に
4 平和的生存権は具体的権利
5 戦争準備行為への加担強制は平和的生存権の侵害

違憲判決後の活動
1 判決報告会
2 自衛隊をイラクから撤退させる署名運動
3 署名を内閣府に届ける
4 空自撤退! みんなで勝ちとった違憲判決全国集会
5 解散集会

違憲判決をどう活かすか、活かせるか
抵抗権の行使こそが民主主義の発展を促す! ヘリ基地反対協 安次富 浩
市長選敗北を乗り越えて、岩国市民の奮闘は続く! 岩国市議会議員 田村 順玄
憲法9条が自衛官を守っている 〜横須賀の経験から ヨコスカ平和船団 新倉 裕史
勇気を与えてくれた「平和的生存権」 バスストップから基地ストップの会 原 順子
日米軍事一体化は戦争との一体化だ 立川自衛隊監視テント村 大西 一平

イラク戦争は終わっていない 〜新たな海外派兵を許さないために

 資料編  変わる日米同盟
「名古屋高裁違憲判決文」全文 2008・4・17
「イラク戦争と国内外の動き」年表
イラクへの『多国籍軍』参加国状況
「自衛隊イラク派兵差止訴訟」全国の状況一覧
名古屋の訴訟に関する資料
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.