風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
巨大なる空転 日本の精神科地域処遇はなぜ進まないのか
昭和40年代精神神経学会「混乱」の再検討

著者: 中澤正夫

本体価格: \2,315(税別)
サイズ: 四六判上製 207頁
ISBN: 4-8331-1122-5
発行年月: 2017年10月刊

数量


 

■内容説明

遅々として進まないわが国の精神医療改革。その原因は「政治の季節」に起きた「学会の混乱」にある。混乱はなぜ起き、どんな経過をたどり、今日に至るのか。その全容を明らかにし、新しい精神医療を切りひらく道筋を示す。
 

■目次

はじめに
序 章 「脱施設化」問題──日本の精神医療改革の遅れの象徴
第1章 第66回精神神経学会での学会乗っ取りと変質 
1─革命的≠ニいわれた金沢学会の実態 
   金沢学会混乱の序曲  金沢学会の背景─長崎学会・東大紛争  二つの報告にみる金沢学会
2─「総会議事録」にみる金沢学会の分析 
   「傍聴者発言」と民主主義  理事会不信任案採決の「怪」─不信任案は不成立だった!
   新理事選出の杜撰さと流会  開催費用の出どころ問題と「暫定理事会」の承認
   金沢学会の陰の仕掛け人、役割分担、調整役…  その後の「金沢学会」評価の試み
3─金沢学会以降の精神神経学会……混乱は続く 
   「徳島学会」から「臨時総会」へ  苦悩しつつ努力する暫定理事会
   暫定理事会の解消と新たなる紛争材料
4─ロボトミー臺実験問題─大阪総会から名古屋総会へ 
   定数切れ、総会決議できず  臺人体実験批判決議と傍聴者の場外乱闘
   精神病院問題報告(いわゆる悪徳病院告発)  学会存続の危機と総会中止(昭和51年)

第2章 源流・象徴としての東大精神科紛争の「責任」 
1─紛争小史
2─いわゆる「自主管理病棟」について 
3─東大精神科紛争と学会紛争との関係 
4─東大紛争はいつ終わったのか 
5─国会での論議・特に共産党からの厳しい批判 
6─いまも残る違和感 
7─もっと残念なこと 

第3章 地域精神医学会での破壊行動について
1─「生活臨床」と地域精神保健活動─群馬の取り組み 
2─地域精神医学会を撹乱したもの 
3─崩壊のプロセスと「再建委員会」の行方 

第4章 わが国の脱施設化の行方 
1─遅々として進まないわが国の精神医療改革 
2─瀕死状態に近づきつつある「現・精神医療体制」 
3─新しい精神医療を生みだす時が来ている 

 謝辞 

資料1 年表(1963─1994)紛争の時代 
資料2 それぞれの人のその後 
資料3 批判・論争になった主なテーマ 
    1 いわゆる「臺・人体実験問題」について 
    2 「生活療法」批判について 
    3 「精神病院」問題について 
    4 「生活臨床」「地域医療問題」について 
    5 紛争の全国化(群馬大精神科を例に) 
    6 「金沢学会」についての「精神神経学会」のその後の総括
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.