風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
野いばら咲け
井上光晴文学伝習所と私

著者: 山下智恵子

本体価格: \1,500(税別)
サイズ: 四六判上製 242頁
ISBN: 4-8331-2059-3
発行年月: 2006年6月刊

数量


 

■内容説明

戦後という時代を全力疾走で生き抜いた稀有な作家・井上光晴。彼が全身全霊を込めて、その文学精神を継承しようと取り組んだのが、「文学伝習所」だった。その生徒として身近に接し続けた著者が、生身の井上光晴像を描く。
 

■目次

プロローグ 別れの宴
一章――佐世保文学伝習所へ
二章――熱情の日々から日常へ
三章――文学伝習所の変質
四章――病を抱く人
五章――暗転
六章――映画『全身小説家』のこと
七章――鴉のいる風景
エピローグ 崎戸島の大煙突

小説・埋める

あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.