風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
〈東海〉を読む
●近代空間と文学

著者: 日本近代文学会東海支部

本体価格: \3,800(税別)
サイズ: A5判上製 352頁
ISBN: 4-8331-2070-8
発行年月: 2009年6月刊

数量


 

■内容説明

坪内逍遙から堀田あけみまで、東海地方ゆかりの作家や、この地方を舞台にした小説作品を俎上にのせ、そこに生成した文学空間を読み解く。日本文学・文化研究の次代=時代を切り開くべく編まれた論集。
 

■目次

まえがき  二瓶浩明
地域の文化資源としての文学者――岐阜県美濃加茂市・坪内逍遙大賞を起点に       佐光美穂

愛知の文学者たち――終戦以前                            助川徳是

「芸術」と国家への理路――佐佐木信綱とその和歌観の変遷               松澤俊二

【column】探索・藍外堂主人奥村金次郎  宮崎真素美

『読売新聞』紙上の小栗風葉「青春」――読者の投稿と紙上での位置           牧 義之

新聞小説の境界――西遠地方/一九〇〇年代                      諸岡知徳
成るべく鉄道と筋かひにあるいて見よう
  ――田山花袋『日本一周』と柳田國男の「自由なる旅」               永井聖剛

【column】泉鏡花「歌行燈」の時空間―― 明治四〇年代の能楽界状況を踏まえて          山口比砂

蒲郡の物語――菊池寛「火華」と文芸講演会                      瀬崎圭二

兄の自殺と生家の崩壊――「人生劇場」の原点                     都築久義

「篝火」の中の川端康成――「門がなかつた」の〈孤立〉                細谷 博 

【column】佐々木味津三の文体――初期小説を中心に                  服部宏昭

【column】横光利一と伊賀、宇佐、鶴岡、そして伊勢神宮、芭蕉             二瓶浩明 

丸山薫の詩法と鉄道体験 
  渡辺章夫

青年都市の青年詩人たち――春山行夫と名古屋のモダニズム詩誌をめぐって        馬場伸彦

〈未完〉のモダン都市・名古屋
  ――『新愛知』におけるプロレタリア文学評論とモダニズム             竹内瑞穂

【column】柳生新陰流と尾張名古屋  加藤孝男  

太宰治の「老ハイデルベルヒ」の地、三島――「三島の思想」についての一考察      塚 雅

愛の賞味期限は切れたか――河原晉也「悲しきカフェ」を読む              山田健一朗

【column】小谷剛「確証」の世界――第二十一回芥川賞選評を手がかりとして       稲垣広和

電話する小島信夫――電子メディア論としての『別れる理由』              広瀬正浩 

愛知万博と非‐合意の表象空間――『サツキとメイの家』と押井守「めざめの方舟」    水川敬章

【column】堀田あけみ「1980アイコ十六歳」の周辺  鶴田武志

【column】その空の【白鯨】――〈東海〉とライトノベルの想像力            酒井 敏

〈地域学〉としての〈郷土文学〉論
  ――森田草平『煤煙』と江夏美好『下々の女』の〈故郷〉              林 正子

あとがき  酒井 敏
執筆者紹介
作品・書名索引
人名索引
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.