風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
年表の忘れもの
人々の見た「昭和〜平成」記憶の風景 掌編自分史

著者: かすがい市民文化財団編

本体価格: \1,500(税別)
サイズ: 四六判並製 260頁
ISBN: 4-8331-3149-0
発行年月: 2008年3月刊

数量


 

■内容説明

少年の眼から見た二・二六事件、伊勢湾台風、オイルショックによる会社の危機に、知恵と力を尽くして立ち向かった技術者…。昭和から平成までを生きた人たちの貴重な「証言」から、もうひとつの歴史の存在を俯瞰する。
 

■目次

発刊に寄せて
収録作品関連年表

戦前/戦中[1931―1945]
帰らぬ父 ―少年の心に映った二・二六事件― 丹羽辰夫
金腐蝕 長谷川武年
二つの祖国を生きる 浜崎慶嗣
風がわたしを呼ぶまでに 久保田照子
一枚の絵葉書 川西盛也
戦時下の満州女学生生活 池田貞恵
炭焼きの煙 木村妙子
焼け牛の徴用 浅野弘光
学童集団疎開 ―十一歳の一年四カ月― 野田信子
「広島が燃えているぅ〜」 中崎光男

戦後復興期[1945―1958]
敗 戦 ―幼くして見たものは― 久野忠宣
西風が泣いた ―敗戦の年に死んだ母ちゃん― 田口正男
悔やまれるあのひと言 ―買い出し列車の辛い日々― 早川溪子
銃 口 ―敗戦直後のサハリンで― 本間辰也
日本人の底力 久保 覚
穫り入れ 秋の思い出 稲垣茂子
ター兄ちゃん 長尾静子
焼け跡の子どもたち 南条 一
仰げば尊し ―分校で学んだ思い出― 久保よしの
ヒキアゲリョウで遊ぼう 藤本静子
青春は紡績会社 杉浦節子
一人の人間として ―就職難時代の寮生活― 佐藤敏夫
母への思慕は鯖鮨の味 樋口兼安

。 高度経済成長期[1959―1978]
金の卵は孵ったか? 結城勝幸
川は真っ赤だった ―伊勢湾台風と金魚捕獲作戦― 加藤秀美
結核とともに ―高度経済成長のかげで― 細井しげみ
ある夏の日に ―飛騨川バス転落事故の記憶― 谷澤りつ子
波の花 富田稲生
ジョン・F・ケネディの死 田中壽一
マイカー時代の陰で消えた命 新木貴久江
長良川水害 ―孤立した三千人の乗客― 小川 昇
登校拒否 ―二カ月半だけの一年生― 波留 麗
オイルショック脱出、そして… 各務勝彦


「 昭和の終焉〜平成[1979―]
女たちの幸せさがし 末光時枝
わたしの免許証 野中ひろみ
チェルノブイリ原発事故
   医療協力プロジェクトに参加して 岡島俊三
携帯電話がやって来た 中村千代子
おやじ殿に伝えたい平成 ―バブル経済と僕の転職― 長野恭治
〈私にできること〉への問い ―阪神・淡路大震災そして地下鉄サリン事件―
                              橋本一雄
にこヘル活動日記 寺井紀子

審査を終えて
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.