風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
伽藍が赤かったとき
●1970年代を考える
中部大学ブックシリーズActa18

著者: 諏訪兼位 田口富久治 岩間優希 影浦順子 竹川慎吾 小島亮

本体価格: \1,000(税別)
サイズ: A5判並製 168頁
ISBN: 4-8331-4095-9
発行年月: 2012年2月刊

数量


 

■内容説明

「現在からもっとも間近にある歴史的過去」=1970年代を「現代史」の直前段階と捉え、オピニオン・リーダーであった世代、思想形成の途上にあった世代、生まれてもいなかった世代のディスカッションを中心に、研究への入門書を目指した座談会。
 

■目次

はじめに

第1部
人民戦線・「田口・不破論争」・名古屋知識人
  ─諏訪兼位・田口富久治教授に聞く─
1970年代を振り返る意味
科学者の70年代
「田口・不破論争」と雑誌『現代と思想』
『現代と思想』と名古屋知識人

第2部
1970年代を考えるための概論的序説
1970年代を再検討するために 小島亮 
1970年代の世界と日本 岩間優希 
1970年代の日本経済
  ─通貨危機と石油危機のなかで 影浦順子

第3部
1960〜1980年略年表 竹川慎吾
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.