風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
近代と未来のはざまで
未来観の変遷と21世紀の課題

著者: 編者: 桃井治郎・玉田敦子

本体価格: \1,524(税別)
サイズ: 四六判並製 236頁
ISBN: 4-8331-4104-8
発行年月: 2013年3月刊

数量


 

■内容説明

科学技術の発達や合理的思考、経済発展、進歩主義など近代が築いてきた価値観が揺らぎ、その正当性が問い直されている現代。「近代と未来のはざま」における幾多の課題を取り上げ、その対処策を模索する。
 

■目次

はじめに

第1部 未来観の変遷と未来学(桃井治郎)
1.リスボン地震と近代
リスボン地震の発生/ヴォルテール『カンディード』/近代的未来観の芽生え
ルソーの文明批判

2.古代の未来観
デルポイの神託/ヘシオドス「五種族の物語」/神々の決定
ヘロドトスとトゥキュディデス/古代の循環史観

3.中世の未来観
アウグスティヌスの生涯/アウグスティヌスの時間論
「神の国」と「地の国」/キリスト教と未来観/アウグスティヌスの貢献

4.近代と進歩史観
ルネサンスと大航海時代/ユートピア思想の諸源流/トマス・モア『ユートピア』
近代科学の誕生/新旧論争と進歩の観念/未来像としてのユートピア
コンドルセと進歩史観/文明化の時代

5.時代変化の予兆
マッキンダーの地政学/レーニン『帝国主義論』/二十世紀前半の諸相

6.未来学の要請
三つの潮流/「理想郷としての未来」/「予測対象としての未来」
「反ユートピアとしての未来」

7.未来学の誕生
二〇〇〇年委員会/未来学の国際的・市民的広がり
アルビン・トフラー『未来の衝撃』/未来学の手法

8.ユートピアの溶解
「成長の限界」/大量消費社会と資源・環境問題/「持続可能な開発」
未来学の凋落/予測の不可能性/二十世紀の終わりに
「大きな物語」の終焉/二十世紀の未来観

9.新しい未来学に向けて
二一世紀の未来観とは/近代的価値の再検討/進歩史観の矛盾
「無明の時代」を生きる

第2部 二一世紀の課題
I.「現代社会」と「歴史」の再検討(桃井治郎)
「現代社会」と「歴史」/「二一世紀型の見方」/「専門家」の問題

〈討議〉
現代社会をどう見るか/時代区分について/近代の国民国家/日本社会の特徴
未来に対する倫理的責任/歴史の解釈/将来の展望

U.「標準家族」の壁を超えて─新たな教養教育の構築のために(玉田敦子)
1.二一世紀の課題と標準家族神話
数字でみる二一世紀の日本の課題─貧困化、少子化、ジェンダー・ギャップ
「あるがままの自然」という幻想と心理的障壁
「標準家族」という神話─「自然化」される家族制度をめぐって
「標準家族神話」の歴史的背景

2.「心理的障壁」がもたらす個別の問題
家庭をめぐるテクノロジーと心理的障壁
大学と標準家族神話─王道ライフコースをめぐって

3.「標準化」から脱却するために
「ダイバーシティ」という覚悟/「判断力」の教育と「古典」の作成
教養教育としての修辞学─「自然にまかせる」という心理的障壁を超えて

〈討議〉
生命テクノロジーと家族/啓蒙主義・蒙昧主義/「自然」という大義名分と家族
研究者が教える、という意味/教養教育─結局何をするべきか/大学教育と民主主義

おわりに
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.