風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
アリーナ2013 Vol.16
特集「同時代への思索」

著者: 編者: 中部大学

本体価格: \2,000(税別)
サイズ: B5判 572頁
ISBN: 4-8331-4110-9
発行年月: 2013年12月刊

数量


 

■目次

〈口絵〉70年 英国の顔写真 大野弘人

特集 同時代への思索
巻頭言 同時代を思索するために―近代と現代―◎小島 亮
ディスカッション
エピローグとなった「序説」への研究序説
―『スターリン問題研究序説』と七〇年代後期の思潮―
◎加藤哲郎/岩間優希/影浦順子/小島亮
[討論1] 『スターリン問題研究序説』をめぐる経緯◎佐々木洋
[討論2] 私にとっての『序説』とその時代◎藤井一行
[討論3] 『序説』刊行前後の執筆者グループの状況と経過、
そして刊行後の反響について◎中野徹三

レクチャー
日本にリブの生まれた時代─一九七〇年代を語る─
◎上野千鶴子/岩間優希/影浦順子/羽後静子
なぜ私は政治家になったのか ◎石田芳弘

論考
論説主幹・笠信太郎
 ─「戦後」をリードした平和社説の旗手◎高山 智
戦後民主主義確定期における大衆的学生運動◎高橋彦博
「苦しみに語らせること」─社会哲学の可能性について◎表弘一郎
初期ルカーチ三部作再考 ─生と形式をめぐって◎西角純志
佐藤昌介の北海道植民論と札幌農学校◎番匠健一
再認される記憶 ─ホノウリウリ抑留所とジャック田坂◎秋山かおり
越境する剣道 カリフォルニア州剣道史 一九二九年〜一九三五年
◎野原久乃
ダヴィド・アルバハリ作品ガイド◎栃井裕美
デザインを聞く―杉浦康平と武満徹の図形楽譜
◎クララ・フルヴァティン、齋藤 桂
[中東欧音楽1] クルターグ+リゲティ/バルトーク
:三人の作曲家の生地を巡る◎伊東信宏
[中東欧音楽2] オペラ/神秘劇
―シマノフスキの舞台芸術論とオペラ《ルッジェロ王》◎重川真紀

Portfolio
[1]ある時代の証言
記憶の糸を束ね直して―一九七〇年代の学生歴史系サークル活動
 =京都学生歴史科学研究会私史―◎向井啓二
トロツキー翻訳の受難―翻訳者の品格・出版社の品格 ◎中島章利
「現代思潮社」という閃光―記憶を辿る旅(3)◎陶山幾朗
ウルグアイの人口動態―二〇一一年国勢調査を踏まえて◎筒井博司

[2]歴史と思索
「マス・オブザヴェイション: This is Your Photo」展を訪れて◎本内直樹
「はじめ」についての独り言◎鷲見洋一 382
毛沢東の復権?―毛沢東とその時代を現在の中国社会はどう捉えているか◎大澤 肇
カリブ海のトバゴ島誌◎長島信弘
カワイイ/kawaii : 未成熟と成熟の間で◎高馬京子
映画『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして』の公開を前に◎伊藤めぐみ
アルジェリア「テロ事件」を考える◎桃井治郎

[3]科学と知
経済的困難世帯の子どもを対象とした学習支援の取り組み
◎吉住安弘
ビルマの日本兵◎大門正幸
病室空調と空気清浄度の確保◎田中英樹
残雪 ―韓国・ソウル―◎ハナヌスビト

論文
アラブ遊牧民のカレンダー、星の歳時記◎堀内 勝 
インターフェイス
〈物語〉で病を癒やす―ネパール・タルー族グラウによる物語治療を事例として◎竹下正哲、キソル・チャンドラ・カナル
パリ・コミューン女性闘士ナタリ・ルメルの矜恃◎見崎恵子

資料
第七高等学校造士館の村上春太郎先生
 続篇 先生の著書と論文◎福井崇時

名古屋を読む
カチューシャの娘たち◎小林貞弘

自著を語る
自分の言動の責任を取るとは『武谷三男の生物学思想」◎伊藤康彦

新刊旧刊 
『「難死」の思想』(小田実)◎岩間優希
『同時代のこと─ヴェトナム戦争を忘れる』(吉野源三郎)◎岩間優希
『大正文化 帝国のユートピア』(竹村民郎)◎影浦順子

編集後記
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.