風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
追伸
品切れ・絶版図書
 
 
芭蕉忍者説再考

著者: 岡本聡

本体価格: \1,000(税別)
サイズ: A5判並製 129頁
ISBN: 4-8331-4135-2
発行年月: 2018年3月刊

数量


 

■内容説明

諸国を旅し、土地の有力者と交流、情報交換を行う俳人・松尾芭蕉は、藤堂家に仕える“忍者”であった──。これまでの「芭蕉忍者説」を検証、その旅の足跡をきめ細かにたどりながら、俳諧師・芭蕉のもう一つの顔を見る。
 

■目次

はじめに

第1章 芭蕉忍者説に関する研究史

第2章 茂住宗貞の資産と幕府の探索をめぐって
第1節 茂住宗貞はどこから来たか
第2節 茂住宗貞はいつ高山を離れたか
第3節 敦賀移住後の茂住宗貞と息打它公軌の米問屋をつなぐもの
第4節 茂住宗貞の子打它公軌の資産が窺えるもの
第5節 茂住宗貞の子孫と老中土屋政直の周辺─資金の逃避と幕府の追跡

第3章 歌枕小黒崎をめぐって

第4章 芭蕉と藤堂家をめぐって
第1節 芭蕉の藤堂家致仕をめぐって
第2節 芭蕉と牡丹
第3節 神宮文庫蔵『和歌名所追考』と『笈の小文』

第5章 『おくのほそ道』の旅と幕府との接点

 終わりに

参考文献一覧
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.