風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
個の社会の和様化
宗教民俗学の視点から

著者: 川上光代

本体価格: \2,200(税別)
サイズ: A5判上製 236頁
ISBN: 4-8331-5310-2
発行年月: 2016年8月刊

数量


 

■内容説明

日本人の過去と現在の生活を、民俗調査に基づいて比較研究。分断され閉塞する“個の社会”からの脱却の糸口を、伝統的・宗教的な“集の社会”の価値観にさぐる。
 

■目次

目次 個の社会の和様化
はじめに
第一部 集の社会とその信仰
第一章 旧村落共同体の構造
序文 伊勢志摩地方
一 同族集団
二 旧家の講
三 地縁小集団の講
四 その他の講
五 地縁大小集団
 江戸時代からの地縁集団
 戦後の地縁集団
第二章 地下の霊的世界
一 霊的世界入りの儀式
二 死者の住処 
三 最初の来訪 
四 荒霊と和霊 
第二部 個の社会とその信仰
第一章 個の社会の諸集団
一 血縁、地縁集団 
二 職場 
第二章 個人共同体の死者供養
一 墓と仏壇 
二 葬儀の現状 
第三章 既成宗教の単立化 
一 利益を求めて 
二 氏神、檀那寺の再建 
第四章 超宗派連合による教化救済 
一 超宗派連合 
二 宗派を超えた学習会 
三 民間人主催の集い 
四 日本最古の超宗派連合 
第五章 神秘主義を中心とした宗教 
一 霊感商品 
二 開運 
三 宇宙真理究明の講演会
第三部 自立した個人の集合体 
第一章 共生社会の再建 
社会福祉事業の現状 
一 高齢者支援 
二 ホームレスの支援 
三 病んだ心の支援 
生きる意義 
一 観音曼荼羅 
二 レヴェルに応じた教え 
最後の一瞬まで生きぬく
一 人間の死
二 終末ケアの研究会 
三 死の準備 
共生社会の精神 
一 同質者集団とその信仰 
二 異質者の受け入れ
三 共生の精神
第二章 教団の共生の精神 
一 教団のあゆみ 
二 分派後の諸教団 
三 菩薩道の実践 
四 組織と民間信仰 

まとめ

参考文献
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.